ドッグフードは安全安心を考える

ドッグフードの中でも「ランク」があります。
単純に判断されるなら価格の高いものは安全と思っていただいてもいいと思います。
最も価格が高く安全なものは、人が食べるものを犬用に加工したもので食品添加物が一切入っていないドッグフードです。
安価なドッグフードは、人が食べる肉以外にそれ以外の部位(骨以外のあらゆるもの)が入っていてタンパク質の含有量を多くする為に植物性タンパク質を混ぜて増量しています。

又これに食品添加物(合成着色料、亜硝酸ナトリウム・合成保存料、エトキシキン)を使用して長期保存に対応させているものです。
我が国では、これ以外の食品添加物の全てが「ペットフード安全法」という法律で規定されていますので価格の安いものでもこの点においては大丈夫だと言えます。

ご心配な方は、価格の高いものを買われるか中程度の価格の物で無添加表示のドッグフードを探してください。
そして有名メーカーのものか国産のドッグフードなら安全と安心が得られると思います。
安価なドッグフードで植物性タンパク質をたくさん使用しているものは、炭水化物の量が多くなりますので、太りすぎや下痢を起こす場合がありますから商品の成分説明や使用している植物性の食材をよくご覧になり購入されることをお勧めします。