ドッグフードは愛犬の健康を元に検討

ワンちゃんの健康は食事と適度な運動が大切です。
それを見守る買い主は愛犬の日頃の状態を観察し見守ることです。
犬は肉食動物ですから、動物性タンパク質を中心とした食事にしなくてはなりません。
ドッグフードは動物性脂肪分を適度に配合された消化吸収の良いものhttp://www.supreme-directory.com/onk.htmlを与えることが大切です。

消化吸収が良いのか悪いのかの判断は「ウンチの色と量と硬さ」です。
色は茶褐色で量は食べた量より少し少な目、硬さは紙でつかんで取っても崩れない状態がベストです。
ただし、ドライフードを与えているワンちゃんは、フード自体の含水比が10%程度ですから、食べた量より多めのウンチになります。
ドライフードの場合は水を別の容器に用意して置いておいてください。

そして水は毎日入れ替えるようにします。
ワンちゃんの健康状態はワンちゃん自身が一番よくわかっていますから、買い主はその行動に注意を払ってください。
買い主がワンちゃんに対し考えてあげられることは、ドッグフードの選択です。
無用な添加物が入っていないか、植物性のタンパク質が多すぎないか、その他成分のバランスはどうか等を考えて、愛犬に合っているドッグフードを買うことです。
そしてワンちゃんの体重変化が大きいか否かも大切なチェック項目です。