歯のトラブルをドッグフードで対応

犬も人間と同じように虫歯になります。
犬の場合は飼い主が注意深く観察をしてあげなければ歯の痛みを訴えることができませんので気を付けてあげてください。
人間の口の中は弱酸性(pH6.5から7.0)ですから食べたものが酸化しやすく虫歯になるリスクも高くなります。
それに比べ犬の口の中は、アルカリ性(pH8.5から9.0)ですから食べたものが酸化しにくい状態にあります。
また犬は、元々肉食動物ですから、食べ物を噛みちぎったりする時に自然と歯磨きをしているような状態になっています。

ところが犬の食べているドッグフードには炭水化物(デンプンやショ糖)も入っているため、これが歯の隙間に挟まったりして酸化していきます。
これが歯垢ですが、その内に固化が進み歯石へと変化していきます。
こうなれば歯周病菌が悪さをして歯が抜けてしまう事になりますし、歯周病菌が付着した歯を誤って食べてしまうと重症化して死に至る事もあります。
犬も人間と同じように歯磨きをしてくれればいいのですが、中々そうはいきませんし、それをしつけるのも大変です。
そういった時、犬に食べさせて歯磨きのできるドッグフードや歯磨き用おやつのドッグフードも各種ありますのでこれらの物を利用されることをお勧めします。
※人間の口に入れたものを出して犬に食べさせる事はNGです。